マグネッツは”本物にこだわる”大人の為のヴィンテージショップです。


by magnets-vintage

プロフィールを見る

LINK

  MAGNETS HP

BUYER INSTAGRAM

OSAKA INSTAGRAM

KOBE INSTAGRAM

マグネッツのブログは
こちらをクリック!!↓
   magnets blog

カテゴリ

全体
"裏"バイヤー日記
告知
Whats Going On
402
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 06月

フォロー中のブログ

magnets vint...

最新のコメント

ブログパーツ

最新の記事

マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-10-09 04:02
”裏”バイヤー日記 Sept..
at 2017-09-20 13:21
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-09-19 18:25
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-08-14 04:02
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-07-27 21:07

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

メンズファッション
コレクション

<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

メルマガ会員限定!えこひいき企画13弾!!!久々の発進です!

U.S.N.C.B.Third Special


1942年、夏の終わり。
e0205852_20434334.jpg


アメリカ海軍SEABEESが、建設工事に加えて
他の重要な任務を遂行するために召集された。
e0205852_2044129.jpg

戦争が様々な場所で行われ、アメリカから数千マイル離れた
場所への食料、弾薬、および、その他の莫大な量の物資を
運ばなければならず、この任務は建設工事よりも危険であり
過酷になると予想された。

太平洋戦争の基本的な考え方として、
物資を積載した船が海を渡る事は、大きな的が
ゆっくりと動く事を意味し、敵の格好のターゲットになること。




1943年1月16日
アメリカ海軍3rd SpecialBattalionが正式に設立された。

1943年3月9日 バヌアツ・エスピリトゥサント島向けて
3rdSpecialが初の海外ツアーに出発した。

750人のオフィサーおよび下士官兵が、ポートヒューメより出航し
日本から400マイルの位置にある、米軍の爆撃機を所有する島へ。

3月25日には、島の海軍前線基地に到着
翌日には荷役業務を開始し、取り扱い物資は主に重機、鉄道車両、
ガソリン、セメント、爆発物などがあり、その他食料なども扱い、
連続して1日24時間、週7日働き続けた。
e0205852_20452310.jpg

5月に入ると、病院、食堂、居住区、チャペル、なども建設され
病院はオペレーティングを開始。

さらに、3rdスペシャルバタリオンに独占的に運営される桟橋も完成
そして8月26日には桟橋は、1000フィートまで延長し
同時に2隻の船を停泊可能な状況を完成した。
e0205852_20451284.jpg


1945年4月1日 沖縄
復活祭の日曜日、アメリカ侵攻軍が沖縄に上陸
大日本帝国軍の抵抗は激しく、戦闘は鮮烈を極め過酷な戦闘に。
そして、大日本帝国軍の抵抗は6月21日まで続く

4月20日の時点で3rd Specialは沖縄に向けて出発を開始。

その後オフィサー1人と14人からなる後続も沖縄へ向け出発。
本隊は5月26日まで、ポートヒューメでトレーニングを続けた

その後も続々と3rd Special SEABEESたちがポートヒューメから
沖縄向けて出発し、到着の早々3rd SpecialのSEABEES達は
直ちに荷役活動を開始しました。

ちょうどエスピリトゥサント島のときのように。
大隊は、休むことなく1日24時間働いた。

e0205852_20454383.jpg

効率的に荷役任務を遂行するためには、宿舎の建設は急務
沖縄での最初の数週間の間に、懸念材料を概ね解決
8月15日にメインギャレー、および食堂が完成。
e0205852_20455975.jpg

1945年の秋、沖縄は台風に襲われ、アメリカが持ち込んだ物資などに
深刻なダメージを与えたが、幸運にも3rdスペシャルの損失は比較的軽く
30%の損害で事が済んだ。

その後、復旧作業を開始し
11月1日には90%の再建を終わるせるという
スピーディーな復旧を実現。


1945年 9月
日本は降伏したが、大隊の労働者へは作業中止を通知しなかった。
その後も沖縄でのはしけ作業などを続け、3rd Specialは
港湾荷役作業を縮小し、沖縄の民間人で構成しなおし、
スーパーヴァイザーの下で働かすことになった。


1946年 4月30日、3rd Specialは新たな任務を課せられた。
沖縄では受信局に移動し、その後アメリカ海軍建設大隊のいる
中国のチンタオへ移動。

4つの建設大隊と2つのスペシャル大隊は米海兵隊に協力。
これらのユニットは、日本軍兵士を送還する中国軍を
支援するために行われた。

3rd Specialのキャリアが終わりに近づき、彼らの活動から光が失われていきます。
彼らは1946年5月14日、沖縄の地にて40の栄光と共に幕を閉じた。


(当時実際に使用されていた、ThirdSpecialのハンカチーフ)

e0205852_2103138.jpg


今回、皆様にお配りするミリタリーTシャツは、
休息を摂らず24時間働き続ける、SEABEESのThirdSpecialの
エンブレムをスプレーブローで仕上げた、マグネッツだけのアイテム

SpecialConstractionBattalionとは、戦闘地域での船舶荷役を行う特別大隊
その中でも、太平洋戦争時に活躍した3rdSpecialの一品

ネタ元になったのは、アメリカ・カンザス州に居を構える
ヴィンテージディーラーD氏のPrivateCollectionより拝借


(ヴィンテージコレクター、キュレーターであるD氏のリヴィングにて)
e0205852_2232572.jpg

今回も他にはない、ユニークでありつつ
強く逞しい、そんな逸品が完成しました。

e0205852_22182369.jpg


e0205852_2111593.jpg


e0205852_2114273.jpg


フロント部分には、大胆にもThirdSpecialのエンブレムを
Genuine U.S.Military T-shirt にガツーンとON!

e0205852_2115551.jpg

バックには、アメリカはCOLE社のステンシルで作成した
MAGNETSのロゴをスプレーブロー

今までも、様々なパターンのステンシルを作成してきましたが、
手前味噌ですが、今回の物は過去最高の仕上がりと言えます

なかなか、いい雰囲気のステンシルTシャツを探し出すのが
困難な状況の中、今回はマグネッツのメルマガ読者の方に
FREEにてご提供させて頂きます!

ただし、今回も数に限りが御座います。

なかなか手に出来ない味があり、渋みもある
そんなメロウなこの逸品を是非お手元に!


なるべくお急ぎください。早い時間であれば、サイズ
質感、コンディション、などお選び頂けます!

今回のご提供日は、大阪店3月23日(水曜日)
神戸店3月30日(水曜日)それぞれ、お昼12:30から配布となっております。

ちょうど入荷日と重なる日に設定させて頂きましたので
入荷をお楽しみのついでにも、是非1枚お手にしてください。


では、もうこの世に出てこない、このスペシャルピースをあなたに!
[PR]
by magnets-vintage | 2016-03-11 18:40 | 告知 | Comments(0)