マグネッツは”本物にこだわる”大人の為のヴィンテージショップです。


by magnets-vintage

プロフィールを見る

LINK

  MAGNETS HP

BUYER INSTAGRAM

OSAKA INSTAGRAM

KOBE INSTAGRAM

マグネッツのブログは
こちらをクリック!!↓
   magnets blog

カテゴリ

全体
"裏"バイヤー日記
告知
Whats Going On
402
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 06月

フォロー中のブログ

magnets vint...

最新のコメント

ブログパーツ

最新の記事

マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-08-14 04:02
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-07-27 21:07
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-07-10 04:02
"裏"バイヤー日記 June..
at 2017-07-08 17:00
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-06-12 04:02

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

メンズファッション
コレクション

カテゴリ:告知( 18 )

”雰囲気”、これを最重要視したんだ             (The Ghost Army)

The Ghost Army とは、アメリカ陸軍が第二次世界大戦中に
編制した特殊部隊である。

e0205852_18591056.jpg


正式には
第23本部付特殊部隊(23rd Headquarters Special Troops)と
呼ばれた。

(YouTube)


e0205852_18584494.jpg

e0205852_18585676.jpg


戦術的欺瞞作戦の展開を任務としており、
1,100名の隊員はしばしば他のアメリカ陸軍部隊を
装って活動した。

ノルマンディー上陸作戦の数週間後には
フランスに上陸し、以後終戦まで偽戦車や街宣車、
偽の無線通信などを駆使して欺瞞作戦に従事した。

彼らが関与した工作は20件以上あり、その多くが
前線からほど近い位置で展開された。


e0205852_18592295.jpg



ゴースト・アーミーの存在は
戦後40年以上も隠し通され、情報の多くは依然として
機密(classified)扱いとなっている


ゴースト・アーミーの隊員に求められたのは、
ドイツ兵を騙し混乱に陥れる知性と才能である。

そのため、美術学校や広告代理店など、
様々な「創造的な職業」の場から隊員の募集が
図られた。

隊員には芸術家、建築家、俳優、舞台美術家、
技術者といった職業の者が多かった

e0205852_18594047.jpg



1944年5月初頭、ゴースト・アーミーは
イギリスへと向かった。

イギリスでは
ストラトフォード=アポン=エイヴォン付近に
駐屯地を構え、フォーティテュード作戦に向けた
準備を行った。


(イギリス、ドイツを股に架けたダブルエージェントのフアン・プホル・ガルシア)
e0205852_1925215.jpg

イギリスのコードネーム”ガルボ”、ドイツでのコードネーム”アラベル”として知られたフアン・プホル・ガルシアは、存在しないサブエージェントのネットワークから、米軍の侵略はフランスのパ・ド・カレーにあるという詳細な情報をドイツに提供する事でドイツの戦略を攪乱した


同作戦はノルマンディー侵攻に先立つ
大規模な欺瞞工作であり、上陸地点が
パ・ド・カレーであるかのように装うことが
目的だった。

e0205852_18595194.jpg



一部の隊員はDデイの2週間後にノルマンディーに
派遣された。

彼らはマルベリー・ハーバー(仮設港)を守るべく、
夜間に照明機材を配置して、あたかも新たな
マルベリー・ハーバーが開かれたかのように装い、
ドイツ側砲兵隊の照準を分散させようと試みた。

全隊員がフランス上陸を果たした後は
ブレストを巡る戦闘(ブレストの戦い)において
欺瞞作戦を展開した。

e0205852_1903783.jpg



ドイツ軍ブレスト守備隊司令官
ヘルマン-ベルンハルト・ラムケ将軍は、
ゴースト・アーミーを大戦力と誤認し、
実際に「我々は装甲部隊に包囲された」という
旨の報告を行っている。

結局、ラムケは大部隊による
包囲を確信しながらも降伏を選ばず、およそ38,000名の将兵
(アメリカ側は17,000名程度と推定)とともに
徹底抗戦を図ったが、この戦いの中で
ゴースト・アーミーは偽陣地や偽戦車、偽火砲を
駆使してドイツ側戦力を釘付けにすることに成功している。

e0205852_1905317.jpg



連合国軍の前進に伴い、ゴースト・アーミーも東進を続け、
やがてルクセンブルクに到達した。

ここを拠点として、ルール方面の渡河作戦、マジノ線周辺や
ヒュルトゲンの森を巡る戦闘、さらにはライン川突破の際にも
欺瞞作戦に従事した。


終戦後の1945年9月に不活性化され、
以後1996年までは部隊の存在そのものが機密扱いとされていた。

これほど長期間に渡って存在が秘匿されたのは、
冷戦を通じて対ソ連邦欺瞞工作にゴースト・アーミーが
培ったノウハウが転用されていたためとも言われている。

e0205852_191571.jpg





視覚的欺瞞を担当したのは第603偽装工兵隊である。

e0205852_1911839.jpg


第603工兵隊自体は
ゴースト・アーミー設立に先立つ1942年から
活動を開始しており、本土における数件の欺瞞作戦に
関与している。

第603工兵隊は膨張式の偽戦車、偽火砲、偽ジープ、
偽トラック、偽航空機を用い、これらをあえて
目に留まるように配置することで
航空偵察の撹乱を試みた。

e0205852_1913089.jpg


彼らは必要に応じ、わずか数時間で偽の飛行場や
野営地(偽の洗濯物などの小物も揃えられた)、
自動車基地、砲兵陣地、戦車隊を作り上げることが
可能だった。

第603工兵隊の隊員は、その多くがフィラデルフィアや
ニューヨークの美術学校から引きぬかれた芸術家だった。

結果的に部隊は若い芸術家たちの成長の場ともなり、
隊員の中には当時既に著名だった芸術家のほか、
戦後アメリカの芸術界で頭角を現す者も少なくなかった。

例えばビル・ブラス、エルズワース・ケリー、
アーサー・B・シンガー、アート・ケインといった
芸術家は、いずれも第603工兵隊出身者である。


ゴム製の膨張式ダミーは第603工兵隊の主要装備で、
コンプレッサーを接続し30秒ほどで膨らませることができた。

作業は夜間行われたため、朝になってから
ダミーの前後が間違っていたことが
明らかになったこともあった。

耐久性にも問題があり、日が昇ると気温で
膨張し破裂したり、空気漏れによって砲身が
垂れ下がることもあったという。

e0205852_1914646.jpg





聴覚的欺瞞を担当したのは第3132信号中隊である。

中隊の指揮を執るヒルトン・ライリー大佐(Hilton Railey)は、
1928年にアメリア・イアハートが飛行士の道を歩むきっかけとなった
「大西洋を飛んでみませんか?」という電話を掛けた人物である。

ベル研究所の技術者らの協力のもと、第3132中隊の隊員は
フォート・ノックスにて欺瞞に必要な様々な騒音をレコードに録音し、
ヨーロッパへと持ち帰った。

収集された騒音は、それぞれの欺瞞工作のシナリオに沿って
編集が加えられ、当時最新鋭のワイヤーレコーダーにて
録音された。

放送にはハーフトラックに搭載された強力な
アンプとスピーカーが用いられた。

この放送は15マイル (24 km)離れた場所でも
聞き取ることができたという。

e0205852_19158100.jpg





通信上の欺瞞を担当したのは特務信号中隊である。

彼らが展開した一連の偽通信は
「ぺてん通信」(Spoof radio)と呼ばれた。

e0205852_192837.jpg


中隊所属の無線士らは偽の通信網を作り上げ、
実在の部隊による通信が行われているかのように装った。

実際の部隊間の通信と区別し、また実際の
通信を隠蔽するため、彼らは既に廃止された
モールス信号送受信規則を元に教育を受けていた。



各種欺瞞工作を補強するべく、ゴースト・アーミーは
様々な演劇的手法を取り入れた。

これは雰囲気(atmosphere)の工作と総称され、
他部隊の部隊章を描き込んだ車両を展開させたり、
多数の中隊を擁する連隊本部を演じるなどした。

e0205852_1922056.jpg


制服に全く別の地域に展開している師団の
師団章を縫い付けたり、「泥酔した兵士」を装い
酒場などで偽情報をあえて漏洩させることもあった。

偽陣地では外から見える座席にだけ兵士を載せた
トラックを走り回らせた。

交差点に師団章を付けた偽憲兵隊員を派遣し、
敵工作員の潜入が予想される都市に師団長や幕僚に扮した
将校らを送り込んで偽の作戦会議を演じさせることもあった。

また、膨張式ダミーの効果を補強するべく、
本物の車両や火砲なども少数配備されていた。


参考資料:wikipedia


ナチスドイツの目と耳を騙し、そして
思考を紛らわせ、ヒトラーの判断力を低下させ、

連合国軍による、ノルマンディー上陸作戦を
最大限影で支えた、幽霊部隊

彼らが最も重視したのが、Atomosphere,
いわゆる、”雰囲気創り”

その謎に満ちたミッションは、
未だに開示されないものも多く、
第二次世界大戦の謎の一つと呼ばれています。

当時として、もちろん現在でさえ
アヴァンギャルドなイメージを持つ
魅力的な詐欺師的米軍集団

ちなみにThe GhostArmyが特に活躍した作戦は
軍事的欺瞞作戦”クイックシルヴァー”。

オペレーション・ボディガードの一部になり、
北とミナミで展開された、フォーティテュード作戦の
中の最も重要な作戦になりました。

クイックシルヴァーとは、心霊現象の
ポルターガイストが男の子のいたずら好き幽霊に対し、
いたずら好きの女の子の幽霊の事をさします。

e0205852_22195189.jpg

そんなトリッキーな部隊のエンブレムを
アメリカはDuro社のオイルボードステンシル、
またHilman社のへヴィーデューティステンシルで
で製作し、謎めいた暗号とともに、スプレーブローした、

そんなミステリアスな逸品が完成しました。

このステンシルを作っている最中、
自分自身が、まるでTheGhostArmyの一員になり
トリッキーな欺瞞作戦に参加しているような、
結社感を心に秘めつつ、細かなカットさえも
楽しみながら作成しました。

そして、スプレーブローの際には、
彼らのモットーである”雰囲気”を重視し
作戦に参加する現場の兵士を思い起こしながら
一つ一つに魂を込めて、
意地悪な欺瞞兵になりきって作業しました。 イ~ッヒッヒッ。。。
e0205852_21050835.jpg

今回は、米軍実物のブラウン-Tと、
米軍が使用している米軍ホワイト-Tを
ベースに作成しました。(一部デザートカラーあり)

ホワイトに関しましては
マグネッツの顧客様ならすでにご活用頂いている方も多い
Campbellsville Apparel Coのリアルミリタリーです。
e0205852_21054232.jpg
e0205852_21054779.jpg
今回は、TheGhostArmyのエンブレム、そして
彼らのモットーである、We making Atomosphereのロゴ
そしてMAGNETSのロゴを、暗号性の有るLeet文字で作成した
M46N3T5のロゴをボディにブローしました。

e0205852_22204079.jpg

目に見えるもの、読めるもの、それが
全てではなく、その裏に潜む本当の真実


それは、己の抽象度を上げて、高く大きな
視点から垣間見える、リアリティーの世界

ノーマルな肉眼で見る世界は、
スコトーマに覆われ本質を隠してしまう


意味深な、このTheGhostArmyTシャツを
是非、あなたに。

このTシャツを着用し、
ひとたび娑婆に出れば、
切望の眼差しを浴びるはめになるとは
思いますが、それもまたあなたへの
ご褒美となるのではないでしょうか


陳腐で滑稽な、派手派手しいヤンキッシュなアイテムは
当店マグネッツには似合いません。

もちろん、マグネッツをご贔屓頂いている
あなたも同じお気持ちかと。


是非、この第二次世界大戦に活躍した
クイックシルバー部隊のエンブレムを
纏ったミリタリーTシャツを手にして下さい!



今回も、このブログをご覧頂いている顧客様のみに
えこひいき企画として、完全無料でお配りさせて
頂きます。

まさに、プライスレス!
e0205852_21101608.jpg
4月12日(水)お昼12:30~ 在庫消滅まで
消滅しました!の期間が、配布期間となっております。

今回、合計約70枚
ご用意させて頂いております!

Tシャツは米軍実物の物や、ヴィンテージを
使用しております。

なので、小さな穴やステッチ切れなど
あるものも含まれます。

あなた自身の手によって、ハンドソーイングで
修繕していただくと、更に愛着の沸く1着と
なるはず

なので、ダメージがある場合に関しましては、
どうぞ、ご理解頂きたくお願い申し上げます。


もちろん、大阪店、神戸店、どちらでも
配布させて頂きますので、お近くのお店を
選んでいただき、当日御来店ください。

そして、スタッフにお声掛けください!


私達マグネッツが愛する、
心あるあなたの御来店、

お待ち申しております。


M46N3T5
1031

e0205852_22322518.jpg

[PR]
by magnets-vintage | 2017-04-02 04:02 | 告知 | Comments(0)

Circus Life

Journey / Faithfully


Highway run
Into the midnight sun
Wheels go round and round
You're on my mind
Restless hearts
Sleep alone tonight
Sending all my love
Along the wire

They say that the road
Ain't no place to start a family
Right down the line
It's been you and me
And lovin' a music man
Ain't always what it's supposed to be
Oh, girl, you stand by me
I'm forever yours
Faithfully

Circus life
Under the big top world
We all need the clowns
To make us smile
Through space and time
Always another show
Wondering where I am
Lost without you

And being apart
Ain't easy on this love affair
Two strangers learn to fall in love again
I get the joy of rediscovering you
Oh, girl, you stand by me
I'm forever yours
Faithfully

Whooa, oh-oh-ooh
Whooa, oh-oh-ooh, oh
Whooa, oh-oh-oh, oh-whoooooa-oh
Faithfully
I'm still yours

I'm forever yours
Ever yours
Faithfully




サーカスのような人生

でかい世界の頂点の下には

ピエロ役が求められているのさ

みんなを笑顔にするために
[PR]
by magnets-vintage | 2017-03-24 19:32 | 告知 | Comments(0)

円の支配者


[PR]
by magnets-vintage | 2017-03-14 21:42 | 告知 | Comments(0)

Greeting from Secret Blog by Tomy and LAB



A Happy New Year!
Dear Magnets Clients!



e0205852_17333655.jpg

We ThankYou for Your help at LastYear 2016!
sorry it will be a delayed greeting.

please continue to co-operation to my magnets store.

ThankYou Again!



[PR]
by magnets-vintage | 2017-01-05 17:43 | 告知 | Comments(0)

COAT, COLD WEATHER, MAN`S, FIELD



M-65 FIELD JACKETS


e0205852_18341824.jpg




e0205852_18343889.jpg




e0205852_18342692.jpg




e0205852_18343326.jpg




e0205852_18344854.jpg




e0205852_18345514.jpg




e0205852_18335859.jpg





ひとが色々なゴールをもつことは
とても素晴らしいことだ。

しかし、多くの人がそれらが実現された姿を
描いていない。

自分が描いたゴールが
すべて実現しているということは、

自分にとってどんな意味があるのかを
感じれる方が、

ゴールを実現することよりも
遥かに重要なのだ。



by アンソニー・ロビンズ       



    


[PR]
by magnets-vintage | 2016-11-03 19:06 | 告知 | Comments(0)

メルマガ会員限定!えこひいき企画13弾!!!久々の発進です!

U.S.N.C.B.Third Special


1942年、夏の終わり。
e0205852_20434334.jpg


アメリカ海軍SEABEESが、建設工事に加えて
他の重要な任務を遂行するために召集された。
e0205852_2044129.jpg

戦争が様々な場所で行われ、アメリカから数千マイル離れた
場所への食料、弾薬、および、その他の莫大な量の物資を
運ばなければならず、この任務は建設工事よりも危険であり
過酷になると予想された。

太平洋戦争の基本的な考え方として、
物資を積載した船が海を渡る事は、大きな的が
ゆっくりと動く事を意味し、敵の格好のターゲットになること。




1943年1月16日
アメリカ海軍3rd SpecialBattalionが正式に設立された。

1943年3月9日 バヌアツ・エスピリトゥサント島向けて
3rdSpecialが初の海外ツアーに出発した。

750人のオフィサーおよび下士官兵が、ポートヒューメより出航し
日本から400マイルの位置にある、米軍の爆撃機を所有する島へ。

3月25日には、島の海軍前線基地に到着
翌日には荷役業務を開始し、取り扱い物資は主に重機、鉄道車両、
ガソリン、セメント、爆発物などがあり、その他食料なども扱い、
連続して1日24時間、週7日働き続けた。
e0205852_20452310.jpg

5月に入ると、病院、食堂、居住区、チャペル、なども建設され
病院はオペレーティングを開始。

さらに、3rdスペシャルバタリオンに独占的に運営される桟橋も完成
そして8月26日には桟橋は、1000フィートまで延長し
同時に2隻の船を停泊可能な状況を完成した。
e0205852_20451284.jpg


1945年4月1日 沖縄
復活祭の日曜日、アメリカ侵攻軍が沖縄に上陸
大日本帝国軍の抵抗は激しく、戦闘は鮮烈を極め過酷な戦闘に。
そして、大日本帝国軍の抵抗は6月21日まで続く

4月20日の時点で3rd Specialは沖縄に向けて出発を開始。

その後オフィサー1人と14人からなる後続も沖縄へ向け出発。
本隊は5月26日まで、ポートヒューメでトレーニングを続けた

その後も続々と3rd Special SEABEESたちがポートヒューメから
沖縄向けて出発し、到着の早々3rd SpecialのSEABEES達は
直ちに荷役活動を開始しました。

ちょうどエスピリトゥサント島のときのように。
大隊は、休むことなく1日24時間働いた。

e0205852_20454383.jpg

効率的に荷役任務を遂行するためには、宿舎の建設は急務
沖縄での最初の数週間の間に、懸念材料を概ね解決
8月15日にメインギャレー、および食堂が完成。
e0205852_20455975.jpg

1945年の秋、沖縄は台風に襲われ、アメリカが持ち込んだ物資などに
深刻なダメージを与えたが、幸運にも3rdスペシャルの損失は比較的軽く
30%の損害で事が済んだ。

その後、復旧作業を開始し
11月1日には90%の再建を終わるせるという
スピーディーな復旧を実現。


1945年 9月
日本は降伏したが、大隊の労働者へは作業中止を通知しなかった。
その後も沖縄でのはしけ作業などを続け、3rd Specialは
港湾荷役作業を縮小し、沖縄の民間人で構成しなおし、
スーパーヴァイザーの下で働かすことになった。


1946年 4月30日、3rd Specialは新たな任務を課せられた。
沖縄では受信局に移動し、その後アメリカ海軍建設大隊のいる
中国のチンタオへ移動。

4つの建設大隊と2つのスペシャル大隊は米海兵隊に協力。
これらのユニットは、日本軍兵士を送還する中国軍を
支援するために行われた。

3rd Specialのキャリアが終わりに近づき、彼らの活動から光が失われていきます。
彼らは1946年5月14日、沖縄の地にて40の栄光と共に幕を閉じた。


(当時実際に使用されていた、ThirdSpecialのハンカチーフ)

e0205852_2103138.jpg


今回、皆様にお配りするミリタリーTシャツは、
休息を摂らず24時間働き続ける、SEABEESのThirdSpecialの
エンブレムをスプレーブローで仕上げた、マグネッツだけのアイテム

SpecialConstractionBattalionとは、戦闘地域での船舶荷役を行う特別大隊
その中でも、太平洋戦争時に活躍した3rdSpecialの一品

ネタ元になったのは、アメリカ・カンザス州に居を構える
ヴィンテージディーラーD氏のPrivateCollectionより拝借


(ヴィンテージコレクター、キュレーターであるD氏のリヴィングにて)
e0205852_2232572.jpg

今回も他にはない、ユニークでありつつ
強く逞しい、そんな逸品が完成しました。

e0205852_22182369.jpg


e0205852_2111593.jpg


e0205852_2114273.jpg


フロント部分には、大胆にもThirdSpecialのエンブレムを
Genuine U.S.Military T-shirt にガツーンとON!

e0205852_2115551.jpg

バックには、アメリカはCOLE社のステンシルで作成した
MAGNETSのロゴをスプレーブロー

今までも、様々なパターンのステンシルを作成してきましたが、
手前味噌ですが、今回の物は過去最高の仕上がりと言えます

なかなか、いい雰囲気のステンシルTシャツを探し出すのが
困難な状況の中、今回はマグネッツのメルマガ読者の方に
FREEにてご提供させて頂きます!

ただし、今回も数に限りが御座います。

なかなか手に出来ない味があり、渋みもある
そんなメロウなこの逸品を是非お手元に!


なるべくお急ぎください。早い時間であれば、サイズ
質感、コンディション、などお選び頂けます!

今回のご提供日は、大阪店3月23日(水曜日)
神戸店3月30日(水曜日)それぞれ、お昼12:30から配布となっております。

ちょうど入荷日と重なる日に設定させて頂きましたので
入荷をお楽しみのついでにも、是非1枚お手にしてください。


では、もうこの世に出てこない、このスペシャルピースをあなたに!
[PR]
by magnets-vintage | 2016-03-11 18:40 | 告知 | Comments(0)

非情の死刑執行人2

e0205852_19333899.jpg

ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊の特殊部隊に所属し
敵軍の卑怯な作戦に立ち向かい、多くの勲章をもらった。

彼の名は、フランク・キャッスル


母国アメリカに帰国し、愛する家族達とニューヨークの
セントラルパークでピクニックを楽しんでいた。


突然、ギャング同士の抗争が勃発し
あたりに銃弾が飛び交う

ギャングの放った弾丸は、容赦なく彼の妻と
子供二人を撃ちぬいた。


フランクは、今まで築いてきた過去を捨て去り、
闇黒街のギャング達に復習を誓った。


胸に大きなドクロを描いたコスチュームを身に纏い
非情の死刑執行人(パニッシャー)となって
ニューヨークを中心にクライムファイターとして、活動を開始する。

フランクは犯罪者に対して情け容赦なく、
法律やモラルを無視し、犯罪者を冷酷に処刑、殺戮する。

他のヒーローと違い、殺しを行う異色のダークヒーローである。

e0205852_19335579.jpg

e0205852_1934980.png

パニッシャーとは、MARVELユニバースでのダークヒーローを代表する
最も有名なヒーローの一人で、日本国外ではキャラクター商品展開などで
アベンジャーズの主要キャラと並び、アイテムがラインナップされる程の人気キャラクター。

1970年台、80年台当時のアメリカでは犯罪発生率が増え続け、特にニューヨークは
世界的にも犯罪多発都市と知られ、年間殺人件数は2000件を超えるようになる。

その時代に現れたパニッシャーは、現実に凶悪事件が増え続ける社会の中で
悪への徹底的な粛清描写、更にベトナム帰還兵という設定(ベトナム戦争を批判する表現であり、
パニッシャー自体が使用していた銃器もベトナム戦争に対しての皮肉が込められていた)は
当時の社会情勢を背負ったキャラクターとし、人々から多くの支持を得た。(Wikipediaより抜粋)
Punisher Avengers



US.Navy Seals Team3. Charlie Platoon.
e0205852_19354762.jpg

シールズは、世界中の特殊部隊の中でも
突出した実力を持つ、最強の特殊部隊である。

シールズの始めは、第二次世界大戦中の
UDT(UnderwaterDemolitionTeam)水中破壊工作部隊が、
戦後ベトナム戦争で、メコンデルタ地域及び河川流域での
ベトコンを掃討する目的で、1962年1月1日ケネディ大統領により
設立結成された。
e0205852_1812259.jpg


SEA(海)AIR(空)LAND(陸)より命名されたSEALsは、
その名の通り、あらゆる環境での特殊作戦に従事し遂行する能力を
兼ね備えており、現在は1.2.3.4.5.6.8.の計7チームが
担当地域を分担し、緊急時及び極秘作戦に従事している。
e0205852_1863883.png

今回、ご紹介するパニッシャースカルは、
チーム3(中東担当)の小隊C(チャーリープラトーン)が
好んで使ったマークである。
e0205852_20182446.jpg


イラク武装勢力から、ラマーディーの悪魔という名で
恐れられた、クリストファー・スコット・カイル
e0205852_1865768.jpg

同胞からは、レジェンドと呼ばれた伝説のスナイパー

彼と彼のチーム(USネイビーシールズ・チーム3)が
好んで用いたトレードマークがパニッシャースカルだ。


自分の味方や親友を傷つけた人間を"悪人"と呼び、
敵を撃ちぬく事に、一切罪悪感が無いと豪語する

”もっと敵を倒せれば、もっとたくさんの味方の命が救えた”
と、著書ネイビーシールズ・最強の狙撃手に書いている。


悪人を処刑する自分と、非情の死刑執行人パニッシャーが
クロスオーバーし、パニッシャースカルを自分と自分の部隊に
投影したのであろう。


あなたもご存知のように、
彼が映画”アメリカン・スナイパー”のモデルになった
クリス・カイルである。
AmericanSniper



昨今では、ISISと戦うフリーダムファイターにも
このパニッシャースカルが用いられている。
e0205852_18202512.png



そんな、悲しみを背負い、悪を成敗するダークヒーローのデザインを
ステンシルにて作成し、スプレーブローした一品がこちら
e0205852_192798.jpg

e0205852_1924365.jpg


ボディは、米軍が採用しているミリタリーブラウンTのUsedを使用
無論、Made in USAになります。
e0205852_19111152.jpg



全体的にフィット感のあるタイトなシルエットは
強靭な肉体を持つシールズの隊員を思わせます
e0205852_1941520.jpg

今回はパニッシャースカルのデザインを2型ご用意しました。

定番のスカルに加え、
今年の年号とマグネッツの頭文字Mを組み合わせた
わからない人にはわからない、意味深なロゴを額に
背負ったパニッシャースカル


ドドメ色の世知がない世の中から浮かび上がった
悲しいドクロは、あなたを守るダークヒーローのよう

まさに、モダンジェネレーションミリタリーと
ピッタリとリンクするデザインは、都会のジャングルを漂う
あなたのための、かけがえのない一品ではないでしょうか。




今回も、マグネッツでしか手に入らない
ややも悲しく、しかし強い、味わいありメロウな
パニッシャーTシャツが完成しました。



数に限りがあります。
10月10日のモダンミリタリー入荷日第2弾当日
ご購入頂きましたお客様先着約20名様(両店合計)に
”無料で”、お持ち帰り頂けます。

*ベースは、US物MilitaryUsed品の為、物によって
 多少のダメージが御座います。顧客様にはお手数をおかけしますが、
 ハンドソーイングで補修して頂ければ、更に愛着の沸く1点物となります。
 ご協力の程、よろしくお願い致します。


尚、モダンミリタリー入荷は、大阪、神戸、
両店同時開催(10月10日土曜ですので、最寄のお店の方に、
立ち寄って頂ければ、大変嬉しく存じ上げます。



是非とも、なかなか手に入らない一品を手に入れる、
この機会に是非とも、ご参加ください!

e0205852_20152585.jpg

[PR]
by magnets-vintage | 2015-10-06 00:01 | 告知 | Comments(0)

非情の死刑執行人

e0205852_20171056.jpg

ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊の特殊部隊に所属し
敵軍の卑怯な作戦に立ち向かい、多くの勲章をもらった。

彼の名は、フランク・キャッスル


母国アメリカに帰国し、愛する家族達とニューヨークの
セントラルパークでピクニックを楽しんでいた。


突然、ギャング同士の抗争が勃発し
あたりに銃弾が飛び交う

ギャングの放った弾丸は、容赦なく彼の妻と
子供二人を撃ちぬいた。


フランクは、今まで築いてきた過去を捨て去り、
闇黒街のギャング達に復習を誓った。


胸に大きなドクロを描いたコスチュームを身に纏い
非情の死刑執行人(パニッシャー)となって
ニューヨークを中心にクライムファイターとして、活動を開始する。

フランクは犯罪者に対して情け容赦なく、
法律やモラルを無視し、犯罪者を冷酷に処刑、殺戮する。

他のヒーローと違い、殺しを行う異色のダークヒーローである。

e0205852_18221965.jpg

e0205852_18223197.jpg

パニッシャーとは、MARVELユニバースでのダークヒーローを代表する
最も有名なヒーローの一人で、日本国外ではキャラクター商品展開などで
アベンジャーズの主要キャラと並び、アイテムがラインナップされる程の人気キャラクター。

1970年台、80年台当時のアメリカでは犯罪発生率が増え続け、特にニューヨークは
世界的にも犯罪多発都市と知られ、年間殺人件数は2000件を超えるようになる。

その時代に現れたパニッシャーは、現実に凶悪事件が増え続ける社会の中で
悪への徹底的な粛清描写、更にベトナム帰還兵という設定(ベトナム戦争を批判する表現であり、
パニッシャー自体が使用していた銃器もベトナム戦争に対しての皮肉が込められていた)は
当時の社会情勢を背負ったキャラクターとし、人々から多くの支持を得た。(Wikipediaより抜粋)



US.Navy Seals Team3. Charlie Platoon.
e0205852_184132.jpg

シールズは、世界中の特殊部隊の中でも
突出した実力を持つ、最強の特殊部隊である。

シールズの始めは、第二次世界大戦中の
UDT(UnderwaterDemolitionTeam)水中破壊工作部隊が、
戦後ベトナム戦争で、メコンデルタ地域及び河川流域での
ベトコンを掃討する目的で、1962年1月1日ケネディ大統領により
設立結成された。
e0205852_1812259.jpg


SEA(海)AIR(空)LAND(陸)より命名されたSEALsは、
その名の通り、あらゆる環境での特殊作戦に従事し遂行する能力を
兼ね備えており、現在は1.2.3.4.5.6.8.の計7チームが
担当地域を分担し、緊急時及び極秘作戦に従事している。
e0205852_1863883.png

今回、ご紹介するパニッシャースカルは、
チーム3(中東担当)の小隊C(チャーリープラトーン)が
好んで使ったマークである。
e0205852_20182446.jpg


イラク武装勢力から、ラマーディーの悪魔という名で
恐れられた、クリストファー・スコット・カイル
e0205852_1865768.jpg

同胞からは、レジェンドと呼ばれた伝説のスナイパー

彼と彼のチーム(USネイビーシールズ・チーム3)が
好んで用いたトレードマークがパニッシャースカルだ。


自分の味方や親友を傷つけた人間を"悪人"と呼び、
敵を撃ちぬく事に、一切罪悪感が無いと豪語する

”もっと敵を倒せれば、もっとたくさんの味方の命が救えた”
と、著書ネイビーシールズ・最強の狙撃手に書いている。


悪人を処刑する自分と、非情の死刑執行人パニッシャーが
クロスオーバーし、パニッシャースカルを自分と自分の部隊に
投影したのであろう。


あなたもご存知のように、
彼が映画”アメリカン・スナイパー”のモデルになった
クリス・カイルである。



昨今では、ISISと戦うフリーダムファイターにも
このパニッシャースカルが用いられている。
e0205852_18202512.png



そんな、悲しみを背負い、悪を成敗するダークヒーローのデザインを
ステンシルにて作成し、ブリーチダイした一品がこちら
e0205852_16302778.jpg

e0205852_1636854.jpg


ボディは、現在の米軍が採用しているSoffee社コットン100%の
オリジナルミリタリーTシャツ(ガバメントリジェクト)Navyカラーを使用
無論、Made in USAになります。
e0205852_16305823.jpg



全体的にフィット感のあるタイトなシルエットは
強靭な肉体を持つシールズの隊員を思わせます
e0205852_16311599.jpg

闇夜に炸裂するグレネードの中に浮かび上がる、
悲しいドクロは、あなたを守るダークヒーローのよう

まさに、モダンジェネレーションミリタリーと
ピッタリとリンクするデザインは、都会のジャングルを漂う
あなたのための、かけがえのない一品ではないでしょうか。


今回も、マグネッツでしか手に入らない
ややも悲しく、しかし強い、味わいありメロウな
パニッシャーTシャツが完成しました。



数に限りがあります。
9月12日のモダンミリタリー入荷日当日
ご購入頂きましたお客様先着約30名様(両店合計)に
”無料で”、お持ち帰り頂けます。

*ベースは、US物ガバメントリジェクト品の為、物によって
 多少のダメージが御座います。顧客様にはお手数をおかけしますが、
 ハンドソーイングで補修して頂ければ、更に愛着の沸く1点物となります。
 ご協力の程、よろしくお願い致します。


尚、モダンミリタリー入荷は、大阪、神戸、
両店同時開催(9月12日土曜ですので、最寄のお店の方に、
立ち寄って頂ければ、大変嬉しく存じ上げます。



是非とも、なかなか手に入らない一品を手に入れる、
この機会に是非とも、ご参加ください!

e0205852_20152585.jpg

[PR]
by magnets-vintage | 2015-09-08 17:02 | 告知 | Comments(0)

少量限定ですが、えこひいき企画!TraderJoe`s ReusableBag

こんにちは!
マグネッツバイヤーの富井です。


(トレーダージョーズのエコバッグをリユーズする、ジェシカ・アルバ。ベッピンさんやね)
e0205852_18153547.jpg


皆様はアメリカのスーパーマーケットの
トレーダージョーズ(通称トレジョ)をご存知でしょうか

世界中に9000以上の店舗数を誇る、ALDIの
兄弟店で、アメリカ全土に300店舗近く展開する
人気急上昇グロスリーストア(食料品店)になります。

グルメ・フード、オーガニック・フード、ベジタリアン・フード、輸入食品、
各種ワイン、などを品揃えし、比較的こだわりのある層を狙った、
俗に言う、グルメ・スーパーマーケットですね。


僕は仕事柄、渡米することが多いので、
以前からトレジョを知ってはいたのですが、
なんとなく行く機会がなく、今までは、低価格を売りにした
Walmart中心で食料品を買っていました

e0205852_1816239.jpg

でも最近、アメリカ人の食への拘りが進化し、
オーガニックフードやベジタリアンフードなど健康志向の
食生活に注目度が増してきています

知人のディーラーも
僕がウォ〇マートやバーガーキ〇グで、食を調達している事を知り
”身体悪くするでぇ!もっといい物食べろよ!”と
ご指摘頂き、最近ではすっかりセレブご用達スーパーマーケットに
どっぷりと嵌っています

といえど、そんなに価格が高いわけではなく、
身体にいい物が、適正価格で売っているという感じの
すごく良心的なスーパーマーケットです


そんな僕の身体にとっても、お財布にとっても
ピッタリなこのトレジョを見つけた事を、一人勝手に
楽しむのもなんですので、いつもお世話になっているあなたに
お土産のつもりで、エコバッグを買ってきました


e0205852_18164594.jpg

数量は、全部で11個と少ないのですが、
先着で11名様に、お配りさせて頂きます!

もちろん無料です!


(シカゴ限定モデル。もちろんシカゴのトレジョでしか手に入りません)
e0205852_1816543.jpg


e0205852_18385364.jpg

e0205852_1817386.jpg


e0205852_18171098.jpg


e0205852_18171634.jpg



(へヴィーデューティー・コットンバッグ。ややロマンスを感じるデザインですね)

e0205852_18172326.jpg


e0205852_1817311.jpg


e0205852_18174025.jpg


e0205852_1818362.jpg


e0205852_1818976.jpg


e0205852_18181790.jpg



実は、これらエコバッグ、日本国内で人気上昇中のようで、
ロゴや柄がレトロっぽくかっこいいという事で、販売されている
お店もチラホラあるようです。

しかし国内で買うと、案外そこそこの価格がしますし、
アメリカに、ご友人や知人がおられる方で、お願いするなどしないと
手に入らないという、プレミア感も手伝っての人気との事です

ご自身がご利用にならなくても、奥さんや彼女に
プレゼントされても、すごく喜ばれると思いますよ!

アメリカの女優さんに人気のようで、多くの女優さんや
アーティストの方々にも人気のこのエコバッグ


e0205852_1833578.jpg

決して、トレーダージョーズの回し者でもなんでもなく、
本当に純粋なお土産です


お配りできる、数量が少ないので
気になる方は、当日お急ぎご来店下さい!
(ご来店頂ける方のみの限定になります。配送は承っておりません)


数量限定により、品切れの場合は、
ご容赦下さいませ(好評ならまた渡米の際に買ってきます)


配布日:7月3日(金曜日)お昼12:30~
(Independence Day observed)
アメリカ独立記念振替日




e0205852_18331584.jpg



また、何かおもしろい物を見つけたら
調達してきますね!




マグネッツバイヤー
富井
[PR]
by magnets-vintage | 2015-07-01 19:38 | 告知 | Comments(0)

メルマガ会員限定えこひいき企画、第11弾!今年も発進!!!

こんにちは!
マグネッツカンパニー富井です

いつも、マグネッツを
ご贔屓頂いております顧客様、
本当に感謝の気持ちで一杯です。

いつも、いつも、ありがとう御座います。

e0205852_22165987.jpg


今回も日頃の感謝の気持ちを込めて、
一生懸命に企画し、作成しました!


もう恒例になりつつある、
ブローステンシルTシャツプレゼント企画

今期は例年に比べて、
少し遅めのご紹介になりますが、
今年もやっちゃいます!



皆様は、
the 442nd regimental combat team
(第442連隊戦闘団)という
第二次世界大戦で活躍した
米陸軍部隊をご存知でしょうか。
e0205852_20545072.jpg


実は、彼ら隊員の多くが日系で編成された、
アメリカ陸軍部隊なんです。


そして、アメリカ合衆国史上、
最も勲章を多く受けた部隊であり
現在も伝説として語り継がれている
英雄たち。


9486人も死傷者を出しながら、
当時の枢軸国と勇猛果敢に戦いました。


彼らのモットーは、"Go for Broke!"、
”当たって砕けろ!”死力を尽くせ!”
になります

このモットーを聞くと
合衆国の為、そして
家で待つ家族、恋人の為に
死ぬ気で戦ったんだと
その本気の勇気に頭が下がります



詳しくは、Wikipediaに譲りますが、
現在に生きる僕たちに、自信と勇気を
与えてくれるのではないでしょうか。


今回のプレゼントアイテムは、
第2次世界大戦当時、アメリカで活躍した
強い日系男児達の部隊をリスペクトし、
細かなディテールまでこだわりながら
再現、作成しました。



今回、顧客様の皆様にお配りできる、
ステンシルTシャツは、442nd CombatTeamの
マークをモチーフに、ステンシルを作成し
スプレーブローした、逸品となります。



(1946年7月15日、第442連隊戦闘団を閲兵するトルーマン大統領)
e0205852_2032532.jpg


You fought not only the enemy,
you fought prejudice and
you won.  by Harry Truman
”諸君は敵のみならず偏見とも戦い勝利した”


当時、白人から偏見や差別を受けながら、尚も力強く立ち上がり
アメリカ国内では、”模範的なマイノリティー”とまで言わせた
我が国にルーツを持つ、先人たち。



e0205852_20331815.jpg


今回、ご提供するアイテムは、
前回同様アメリカのCOLE社と
Duro社のステンシルを使用。

背中には、大きく部隊のマーク、
そして”MAGNETS"ロゴ

部隊の名前である”442”の数字を、
フロント部分のInsaneでtrickyな場所を選び
リアルミリタリーTシャツにON!


e0205852_2383260.jpg


今回は、販売目的でTシャツを作るという概念から
程遠く外れた感覚で作成する事を肝に銘じました。

当時の日系米兵が、部隊の為に、また
仲間の為に作ったような、思いを込め
”カネ”のいやらしい匂いのまったくしない、
ある意味少しクラフト感を出し、そして、
日系であるが故の繊細な施し、そして
グラデーションの技を取り入れました



”当たり前ですが”他には無い、
すばらしい出来栄えとなりました。


e0205852_22241263.jpg


全くの服作りに素人な軍人が
部隊の為に作ったような雰囲気




(定番のブラックステンシル)
e0205852_22222731.jpg



(ブラック&レッド、グラデーション)
e0205852_23121846.jpg



(部隊のカラーであるブルーを使ったグラデーション)
e0205852_22224140.jpg



(黒から青、そして赤にグラデーションした3Cタイプ)
e0205852_19561481.jpg


なるべく早めにご来店頂けると
お色、サイズ、ヴィンテージかモダンか
など、お選び頂けます!


くどいようですが今回も、
もちろん無料にてお手にして頂けます。

リスクといえば、実際にご来店頂く事、
(遠方のお客様には申し訳御座いませんが配送はお断りしております)
そして、もしこのTシャツを競合他店に
着ていった際に、ジェラシーの眼差しで
視線を浴びる可能性があること、くらいです


アメリカンネイティブ・オマハ族の言葉に
こんなのがあります ”怠け者はとかく妬みがち”



(今回は71枚、ご用意させて頂きました!)
e0205852_19575067.jpg

数に限りがありますので、ご興味のある方は
お急ぎ手にして頂き、お持ち帰りください(無くなり次第終了となります)


今回のえこひいき企画Tシャツは、5月30日(土)お昼12:30~
マグネッツ神戸店、大阪店でお配りします。


ご興味が沸いた方、
今までなかなかいい雰囲気のステンシルTシャツに
巡り会えなかった、また、リアルミリタリーの
ステンシルTシャツをどこを探しても見つからなかった、
など、巷で待てど暮らせど、思いの物と遭遇出来なかったという、
心ある、大人の皆様の御来店、お待ち申しております。



文:富井

マグネッツスタッフ一同


PS)偶然というか奇遇というか、先般、安倍晋三内閣総理大臣が、
渡米した際、元日系人部隊の方々とお会いされたようです。
安倍総理は5月2日に記念碑に献花され、多くの元日系人部隊
第442連隊戦闘団ヴェテランの方々とお会いしたようです。
僕がステンシルを作成した日にちも、
概ね5月2日あたりだったんじゃないかと思いますが、
何か運命めいたものを感じました。
e0205852_21525867.jpg

[PR]
by magnets-vintage | 2015-05-24 12:45 | 告知 | Comments(0)