マグネッツは”本物にこだわる”大人の為のヴィンテージショップです。


by magnets-vintage

プロフィールを見る

LINK

  MAGNETS HP

BUYER INSTAGRAM

OSAKA INSTAGRAM

KOBE INSTAGRAM

マグネッツのブログは
こちらをクリック!!↓
   magnets blog

カテゴリ

全体
"裏"バイヤー日記
告知
Whats Going On
402
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 07月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 06月

フォロー中のブログ

magnets vint...

最新のコメント

ブログパーツ

最新の記事

マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-08-14 04:02
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-07-27 21:07
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-07-10 04:02
"裏"バイヤー日記 June..
at 2017-07-08 17:00
マグネッツカンパニー ”40..
at 2017-06-12 04:02

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

メンズファッション
コレクション

”雰囲気”、これを最重要視したんだ             (The Ghost Army)

The Ghost Army とは、アメリカ陸軍が第二次世界大戦中に
編制した特殊部隊である。

e0205852_18591056.jpg


正式には
第23本部付特殊部隊(23rd Headquarters Special Troops)と
呼ばれた。

(YouTube)


e0205852_18584494.jpg

e0205852_18585676.jpg


戦術的欺瞞作戦の展開を任務としており、
1,100名の隊員はしばしば他のアメリカ陸軍部隊を
装って活動した。

ノルマンディー上陸作戦の数週間後には
フランスに上陸し、以後終戦まで偽戦車や街宣車、
偽の無線通信などを駆使して欺瞞作戦に従事した。

彼らが関与した工作は20件以上あり、その多くが
前線からほど近い位置で展開された。


e0205852_18592295.jpg



ゴースト・アーミーの存在は
戦後40年以上も隠し通され、情報の多くは依然として
機密(classified)扱いとなっている


ゴースト・アーミーの隊員に求められたのは、
ドイツ兵を騙し混乱に陥れる知性と才能である。

そのため、美術学校や広告代理店など、
様々な「創造的な職業」の場から隊員の募集が
図られた。

隊員には芸術家、建築家、俳優、舞台美術家、
技術者といった職業の者が多かった

e0205852_18594047.jpg



1944年5月初頭、ゴースト・アーミーは
イギリスへと向かった。

イギリスでは
ストラトフォード=アポン=エイヴォン付近に
駐屯地を構え、フォーティテュード作戦に向けた
準備を行った。


(イギリス、ドイツを股に架けたダブルエージェントのフアン・プホル・ガルシア)
e0205852_1925215.jpg

イギリスのコードネーム”ガルボ”、ドイツでのコードネーム”アラベル”として知られたフアン・プホル・ガルシアは、存在しないサブエージェントのネットワークから、米軍の侵略はフランスのパ・ド・カレーにあるという詳細な情報をドイツに提供する事でドイツの戦略を攪乱した


同作戦はノルマンディー侵攻に先立つ
大規模な欺瞞工作であり、上陸地点が
パ・ド・カレーであるかのように装うことが
目的だった。

e0205852_18595194.jpg



一部の隊員はDデイの2週間後にノルマンディーに
派遣された。

彼らはマルベリー・ハーバー(仮設港)を守るべく、
夜間に照明機材を配置して、あたかも新たな
マルベリー・ハーバーが開かれたかのように装い、
ドイツ側砲兵隊の照準を分散させようと試みた。

全隊員がフランス上陸を果たした後は
ブレストを巡る戦闘(ブレストの戦い)において
欺瞞作戦を展開した。

e0205852_1903783.jpg



ドイツ軍ブレスト守備隊司令官
ヘルマン-ベルンハルト・ラムケ将軍は、
ゴースト・アーミーを大戦力と誤認し、
実際に「我々は装甲部隊に包囲された」という
旨の報告を行っている。

結局、ラムケは大部隊による
包囲を確信しながらも降伏を選ばず、およそ38,000名の将兵
(アメリカ側は17,000名程度と推定)とともに
徹底抗戦を図ったが、この戦いの中で
ゴースト・アーミーは偽陣地や偽戦車、偽火砲を
駆使してドイツ側戦力を釘付けにすることに成功している。

e0205852_1905317.jpg



連合国軍の前進に伴い、ゴースト・アーミーも東進を続け、
やがてルクセンブルクに到達した。

ここを拠点として、ルール方面の渡河作戦、マジノ線周辺や
ヒュルトゲンの森を巡る戦闘、さらにはライン川突破の際にも
欺瞞作戦に従事した。


終戦後の1945年9月に不活性化され、
以後1996年までは部隊の存在そのものが機密扱いとされていた。

これほど長期間に渡って存在が秘匿されたのは、
冷戦を通じて対ソ連邦欺瞞工作にゴースト・アーミーが
培ったノウハウが転用されていたためとも言われている。

e0205852_191571.jpg





視覚的欺瞞を担当したのは第603偽装工兵隊である。

e0205852_1911839.jpg


第603工兵隊自体は
ゴースト・アーミー設立に先立つ1942年から
活動を開始しており、本土における数件の欺瞞作戦に
関与している。

第603工兵隊は膨張式の偽戦車、偽火砲、偽ジープ、
偽トラック、偽航空機を用い、これらをあえて
目に留まるように配置することで
航空偵察の撹乱を試みた。

e0205852_1913089.jpg


彼らは必要に応じ、わずか数時間で偽の飛行場や
野営地(偽の洗濯物などの小物も揃えられた)、
自動車基地、砲兵陣地、戦車隊を作り上げることが
可能だった。

第603工兵隊の隊員は、その多くがフィラデルフィアや
ニューヨークの美術学校から引きぬかれた芸術家だった。

結果的に部隊は若い芸術家たちの成長の場ともなり、
隊員の中には当時既に著名だった芸術家のほか、
戦後アメリカの芸術界で頭角を現す者も少なくなかった。

例えばビル・ブラス、エルズワース・ケリー、
アーサー・B・シンガー、アート・ケインといった
芸術家は、いずれも第603工兵隊出身者である。


ゴム製の膨張式ダミーは第603工兵隊の主要装備で、
コンプレッサーを接続し30秒ほどで膨らませることができた。

作業は夜間行われたため、朝になってから
ダミーの前後が間違っていたことが
明らかになったこともあった。

耐久性にも問題があり、日が昇ると気温で
膨張し破裂したり、空気漏れによって砲身が
垂れ下がることもあったという。

e0205852_1914646.jpg





聴覚的欺瞞を担当したのは第3132信号中隊である。

中隊の指揮を執るヒルトン・ライリー大佐(Hilton Railey)は、
1928年にアメリア・イアハートが飛行士の道を歩むきっかけとなった
「大西洋を飛んでみませんか?」という電話を掛けた人物である。

ベル研究所の技術者らの協力のもと、第3132中隊の隊員は
フォート・ノックスにて欺瞞に必要な様々な騒音をレコードに録音し、
ヨーロッパへと持ち帰った。

収集された騒音は、それぞれの欺瞞工作のシナリオに沿って
編集が加えられ、当時最新鋭のワイヤーレコーダーにて
録音された。

放送にはハーフトラックに搭載された強力な
アンプとスピーカーが用いられた。

この放送は15マイル (24 km)離れた場所でも
聞き取ることができたという。

e0205852_19158100.jpg





通信上の欺瞞を担当したのは特務信号中隊である。

彼らが展開した一連の偽通信は
「ぺてん通信」(Spoof radio)と呼ばれた。

e0205852_192837.jpg


中隊所属の無線士らは偽の通信網を作り上げ、
実在の部隊による通信が行われているかのように装った。

実際の部隊間の通信と区別し、また実際の
通信を隠蔽するため、彼らは既に廃止された
モールス信号送受信規則を元に教育を受けていた。



各種欺瞞工作を補強するべく、ゴースト・アーミーは
様々な演劇的手法を取り入れた。

これは雰囲気(atmosphere)の工作と総称され、
他部隊の部隊章を描き込んだ車両を展開させたり、
多数の中隊を擁する連隊本部を演じるなどした。

e0205852_1922056.jpg


制服に全く別の地域に展開している師団の
師団章を縫い付けたり、「泥酔した兵士」を装い
酒場などで偽情報をあえて漏洩させることもあった。

偽陣地では外から見える座席にだけ兵士を載せた
トラックを走り回らせた。

交差点に師団章を付けた偽憲兵隊員を派遣し、
敵工作員の潜入が予想される都市に師団長や幕僚に扮した
将校らを送り込んで偽の作戦会議を演じさせることもあった。

また、膨張式ダミーの効果を補強するべく、
本物の車両や火砲なども少数配備されていた。


参考資料:wikipedia


ナチスドイツの目と耳を騙し、そして
思考を紛らわせ、ヒトラーの判断力を低下させ、

連合国軍による、ノルマンディー上陸作戦を
最大限影で支えた、幽霊部隊

彼らが最も重視したのが、Atomosphere,
いわゆる、”雰囲気創り”

その謎に満ちたミッションは、
未だに開示されないものも多く、
第二次世界大戦の謎の一つと呼ばれています。

当時として、もちろん現在でさえ
アヴァンギャルドなイメージを持つ
魅力的な詐欺師的米軍集団

ちなみにThe GhostArmyが特に活躍した作戦は
軍事的欺瞞作戦”クイックシルヴァー”。

オペレーション・ボディガードの一部になり、
北とミナミで展開された、フォーティテュード作戦の
中の最も重要な作戦になりました。

クイックシルヴァーとは、心霊現象の
ポルターガイストが男の子のいたずら好き幽霊に対し、
いたずら好きの女の子の幽霊の事をさします。

e0205852_22195189.jpg

そんなトリッキーな部隊のエンブレムを
アメリカはDuro社のオイルボードステンシル、
またHilman社のへヴィーデューティステンシルで
で製作し、謎めいた暗号とともに、スプレーブローした、

そんなミステリアスな逸品が完成しました。

このステンシルを作っている最中、
自分自身が、まるでTheGhostArmyの一員になり
トリッキーな欺瞞作戦に参加しているような、
結社感を心に秘めつつ、細かなカットさえも
楽しみながら作成しました。

そして、スプレーブローの際には、
彼らのモットーである”雰囲気”を重視し
作戦に参加する現場の兵士を思い起こしながら
一つ一つに魂を込めて、
意地悪な欺瞞兵になりきって作業しました。 イ~ッヒッヒッ。。。
e0205852_21050835.jpg

今回は、米軍実物のブラウン-Tと、
米軍が使用している米軍ホワイト-Tを
ベースに作成しました。(一部デザートカラーあり)

ホワイトに関しましては
マグネッツの顧客様ならすでにご活用頂いている方も多い
Campbellsville Apparel Coのリアルミリタリーです。
e0205852_21054232.jpg
e0205852_21054779.jpg
今回は、TheGhostArmyのエンブレム、そして
彼らのモットーである、We making Atomosphereのロゴ
そしてMAGNETSのロゴを、暗号性の有るLeet文字で作成した
M46N3T5のロゴをボディにブローしました。

e0205852_22204079.jpg

目に見えるもの、読めるもの、それが
全てではなく、その裏に潜む本当の真実


それは、己の抽象度を上げて、高く大きな
視点から垣間見える、リアリティーの世界

ノーマルな肉眼で見る世界は、
スコトーマに覆われ本質を隠してしまう


意味深な、このTheGhostArmyTシャツを
是非、あなたに。

このTシャツを着用し、
ひとたび娑婆に出れば、
切望の眼差しを浴びるはめになるとは
思いますが、それもまたあなたへの
ご褒美となるのではないでしょうか


陳腐で滑稽な、派手派手しいヤンキッシュなアイテムは
当店マグネッツには似合いません。

もちろん、マグネッツをご贔屓頂いている
あなたも同じお気持ちかと。


是非、この第二次世界大戦に活躍した
クイックシルバー部隊のエンブレムを
纏ったミリタリーTシャツを手にして下さい!



今回も、このブログをご覧頂いている顧客様のみに
えこひいき企画として、完全無料でお配りさせて
頂きます。

まさに、プライスレス!
e0205852_21101608.jpg
4月12日(水)お昼12:30~ 在庫消滅まで
消滅しました!の期間が、配布期間となっております。

今回、合計約70枚
ご用意させて頂いております!

Tシャツは米軍実物の物や、ヴィンテージを
使用しております。

なので、小さな穴やステッチ切れなど
あるものも含まれます。

あなた自身の手によって、ハンドソーイングで
修繕していただくと、更に愛着の沸く1着と
なるはず

なので、ダメージがある場合に関しましては、
どうぞ、ご理解頂きたくお願い申し上げます。


もちろん、大阪店、神戸店、どちらでも
配布させて頂きますので、お近くのお店を
選んでいただき、当日御来店ください。

そして、スタッフにお声掛けください!


私達マグネッツが愛する、
心あるあなたの御来店、

お待ち申しております。


M46N3T5
1031

e0205852_22322518.jpg

[PR]
by magnets-vintage | 2017-04-02 04:02 | 告知 | Comments(0)